【1890万件】大分安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

大分で家財引越しの料金相場や激安方法

2.png元運送業界の管理人が語る!

大きな家具家電等家財道具にかかるおおよその価格を調べたい場合、どんな手段を使ったらいいのかご存知でしょうか。

引っ越し当日まで余裕がない場合や、自分での問い合わせなどが不得手な方にオススメの方法をお教えしますね。

それはというと…一括の見積もりサイト経由で業者に見積請求する、ただこれだけです!
こうすることで、たった1回の申し込みで複数社から見積りを出してもらうことができるようになります。
概算が出揃えば、同じ条件下でも、それぞれ会社ごとに価格が異なることに驚くでしょう。なので、たくさんの会社から見積もりを取る、という事はどの業者を利用するか決める前に絶対しておくべきポイントなのです。

ベッドやソファー、洗濯機や冷蔵庫の家財を送る時にチェックすべきはクロネコの「家財宅急便」。
クロネコのグループ会社にあたる、ヤマトホームコンビニエンスというところです。こちらは引越し専門です。
特徴は通常の宅急便は部屋からの搬出、外から中への搬入をしてもらえないので料金は安めです。一方、ヤマトホームコンビニエンスの家財宅急便だと、きちんと部屋から搬出も行うなど、幅広く対応してくれます。宅急便より価格は高めになります。

2015-11-30_193203.png

他にサカイ引っ越しセンターなどの引越し専門御者と金額を交渉するなら、このヤマトの金額を基本として金額が安くなるか確認するといいです。
もちろん、引越し会社の繁忙や空き状況で、ヤマトよりも価格の安い会社を発見する場合もあるでしょう。

そんな時、最安値を探したいなら、一括見積もりのサイト利用が良いです。
一社ごとに見積もりを聞く手間が省けます。数か所の項目に埋めれば、スグにで料金を見る事ができます。

同じく業界大手の佐川急便の大型家具・家電設置輸送サービスというものは法人向けです。

郵便局がやっているゆうパックですと、3辺の長さ制限が170㎝までとなっているので、大体の家財は超えてしまうでしょう。

家財の引越しで損をしない方法


最初に挙げたように、家財引越しの際に損をしないようにするには、いくつもの業者から概算を出してもらうことが必須です。
「聞いたことがある引越し会社だからここにしちゃおう」なんて言って他からの見積もりを取らなければ、価格はその会社の言い値になります。思いがけず損しているかもしれません。

しかしながら、たくさんの業者に直接電話をして見積請求をするのは非常に面倒ですよね。という訳で一番良いのがこうした一括サイトからの見積依頼方法なのです。

家財引越しをする場合の相場価格や値段を下げる方法を知りたいのであれば、一括の見積もりサイトを利用するべしとお伝えしました。具体的にどうしてオススメなのかを書きたいと思います。

1.通常通り見積もりを御願いするより、サイト経由の方が値引き率が上がる
2.サイトを利用すれば1度の申し込みで最大10社に一括依頼できるので簡単

「一気に安くなる」ですが、これはあちら側の「競合他社に勝とう」という意識を燃やしてもらい、価格競争をしてもらう、というやり方です。
自分から業者側に駆け引き交渉をしなくても、「サイトからの問い合わせ」ということは「競合会社と比較していますよ」という大前提の依頼を意味するので、業者も1回目からライバル業者の価格を意識し、価格を下げた見積りを出す可能性が大きいだろう、ということです。

このやり方なら、交渉が不得手な方や、面倒になってついつい「比較しなくていいや」なんてなりがちなタイプでも楽に安い料金に出来ると思います。

ただ、この手法で格安に値引きを御願いできるのは、オフシーズンと呼ばれるシーズンがほとんどで、引っ越し業界が繁忙期だとあまり安くはならない可能性も。

1件でも多く受注したい!といった状態の会社であれば、思い切りのいい大きく値下げした見積書を作ってくる事も多いので、積極的に複数社の見積もりを取るようにし、見比べてみるのがいいでしょう。そこで集まった見積りを見てみれば、料金相場も自然と分かると思います。

最安値の会社を選ぶも良し、相場と比べて割高ではない業者で、なおかつ口コミが良い業者を選ぶのも一つの手です。
 

家財1点だけでも引越し業者は嫌な顔しないのでしょうか?


引越しとなると大型家具や家電、段ボールを何十個もと山のような荷物を想像する人も多そうですよね。けれど洗濯機やタンス1点だけ運搬するという依頼がかなり増えています。
同居人数が多かった昔は女性では持ち運びができない家財を男手に頼ったりしていましたが、現代では単身世帯が多いからです。
業者側からしてもこれが収益のひとつになってきているので、もちろん喜んで少なくても引き受けてくれます。
 

もし家財を処分する時の料金はどの程度でしょうか?


家具家電などをごみに出すにはリサイクル料金がかかってきます。各地域で料金は異なりますが、3000円くらいが平均です。
注意すべきは、重い家具などを玄関まで運ぶ事をしなければならない点です。実はこの際も引っ越し会社が運び出すのを引き受けてくれます。
 

引越し荷物の一時預かりについて

torawkku.jpg

引越し会社にいない人はあまり知らないと思いますが、改築などで一時的に家の荷物をクリアにしたいとき 一旦預かるサービスを各業者で実施しているんです。
おおよそ1か月あたり4トンくらいの荷物量で4万円が目安の料金です。4トンの量というのは、大体4人家族分の荷物量になります。
会社により料金は違いがあるため何社にも聞いてみるのをお勧めします。

家財引越しに当たり、日本通運でも家財1点の引越しに対応してくれます。金額は確認してその都度見積もりが出ます。一概に安いわけではなく、聞いてみなければはっきりしません。

我が家の家財の量を考えようと思っても、意外とたくさんなので忘れてしまいがちです。

ダブルサイズのベッドやキングサイズのマットレス、60型より大きなテレビなど、大型サイズの家財引越しも専門業者のスタッフが行います。
このような物は慣れている作業員でなければ故障や破損などになってしまいます。信用できる大手に頼むのが安心です。

wall-416060_1280.jpg

万が一の事故の際も標準引越し約款があるので、保証を受けることになるので安心です。
スムーズに進むのが大前提ですが、なにかあったとき保証内容でもめてしまうこともあります。
安全・円滑を重要視しましょう。
kobetete.png